tellmail
 
 HOME>活動アルバム

007

〔2018.03.16〕

小地域における「生活支援体制整備事業学習会」を町ごとに開催しました!


id "ai0221t" の内容がここに入ります
id "al02202t" の内容がここに入ります
id "al0223t" の内容がここに入ります
id "al0224t" の内容がここに入ります
id "al0225t" の内容がここに入ります

 

 

〔2017.11.02〕

第2回「生活支援体制整備事業に伴う学習会」を開催しました!


9月4日に開催した第1回の学習会からの引き続きで、公益財団法人さわやか福祉財団鶴山芳子氏を講師としてお招きし、第2回の「生活支援体制整備事業に伴う学習会」を開催しました。
「生活支援コーディネーターと協議体の役割」についての講義と、『助け合いゲーム』を行い、「支え上手」と「支えられ上手」について学びました。
今後、第2層の生活支援コーディネーター(SC)と協議体の構築に向けて、地域の支え合い、助け合いの資源としての人材育成を行っていきたいと思います。

 

〔2017.10.16〕

社会福祉協議会災害ボランティアセンター設置訓練を開催しました!


平成29年10月8日(日)、雲仙市国見町多比良埋立地において、「社会福祉協議会災害ボランティアセンター設置訓練」を開催しました。
訓練にあたり、日本防災士会長崎県支部の旭芳郎氏による講義をしていただきました。
災害発生時に何ができるのか、何をすべきなのかを先ず考えました。
受付の様子です。ボランティア活動に来て頂いた方の受付を行うとともに、自分の名前をカタカナで記入した名前を左肩に張っていただきました。
初めて被災地でのボランティア活動に参加された方には、オリエンテーションを行い、ボランティアとしての心構え等の説明をさせて頂き、作業の割り振りをします。
写真はマッチング・グルーピングの様子で、地域から上がっているニーズとボランティアの方の調整を行っています。
ハイゼックス袋によるご炊飯を行いました。米の量や水の量の調整が難しかったようです。

〔訓練終了後、参加者の感想及び質問〕

  • 災害ボランティアセンター受付等で、女性がいらっしゃると同性としては少しほっとします。安心すると感じました。
  • 災害ボランティアセンターの設置から運営まで体験できてよかったです。
  • 海外の方も入れての訓練も良いかと思いました。
  • 地域でも訓練を行って欲しい・
  • 定期的に開催し、より多くの市民に体験できると佳いと思います。
  • 自分が考えているより、災害にあわれた方に対する思いやりを考えさせられました。
  • ボランティアに行くのもよく考えてから理解して行かなければと思いました。
  • 誰もが経験しておくべきであると思いました。
  • (質問)試食をさせて頂きましたが、万が一に備えて、家庭で蓄えることができますか?例えばスーパーで購入できるか。
    (回答)今回の訓練において、ハイゼックス袋は日本赤十字社長崎県支部からのものを使用しましたが、インターネット等でも購入ができるようです。

〔2017.09.08〕

「生活支援体制整備事業に伴う学習会」を開催しました!


「生活支援体制整備事業(島原地域広域市町村圏組合からの受託)」実施に伴い、地域の皆さんと一緒に学習会を開催しました。
地域における「助け合い」の地域づくりとはどういうことかを一緒に学びました!
公益財団法人さわやか福祉財団 理事
鶴山 芳子 氏を講師として迎え、なぜ今この事業が必要なのかを学び、ワークショップを交えながら自分たちの地域に何が必要なのかを考えました。
iワークショップの中で、地域の課題の拾い上げを行い、グループ別に発表を行い、課題の共通理解に努めました。
各グループ、子どもの問題から高齢者の問題、障害を抱える方の問題、若者の正割に関する問題等様々な課題について考えていました。

 

〔2017.07.06〕

手引き講習会・福祉教育サポーター養成講座を開催しました!


雲仙市視覚障害者生活訓練事業並びに雲仙市社協ボランティア活動育成事業として、平成29年6月28日(水)、愛野農業者トレーニングセンターで、手引き講習会・福祉教育サポーター養成講座を開催しました。
体験の中では、アイマスクをつけた状態でお昼ご飯を食べる体験も行いました。
NPO法人もくもくより、盲ろう者向け通訳であられる山口千絵子先生を講師としてお招きして手引き講習会を行いました。
視覚に障がいをお持ちの方に対しての基本的な支援方法を学びました。
学校等で行われる福祉体験学習への協力ボランティアの育成を目指し、福祉教育サポーター養成講座を開催しました。
車椅子体験を通じて、福祉体験学習の目的や「心のバリアフリー」について考える機会、地域の街づくりの一員として一緒に子どもたちを育てることの大切さを考えました。

 

〔2016.12.14〕

オレンジカフェくにみ開催中です!


12月3日(土)、島原認知症疾病患医療センター精神保健福祉士 松永宇市先生をお招きして、「認知症とその予防」と題し、認知症に対する正しい知識と、その予防について講話をしていただきました。
オレンジカフェくにみは毎月第1、第3土曜日に開催しております!

 

〔2016.12.13〕

NPO・ボランティアスタートアップ講座を開催しました!


01
11月11日(火)、県民ボランティア活動支援センターとの共催により、「NPO・ボランティアスタートアップ講座」を開催しました!
ボランティアって何だろう・・・
ボランティアを始めるには・・・
講師は、「もってこい長崎レクレーショングループお手玉の会」理事長でもあられる
中島るり子先生。
グループワークでは、地域が抱える問題等をボランティアで解決する可能性について意見が飛び交いました!